580億円相当の仮想通貨「NEM」がCoincheckから盗まれる。会見で語られたこと

BuzzFeed

仮想通貨取引所大手のCoincheckは、1月26日、不正アクセスにより580億円相当の仮想通貨「NEM」が外部に送信、盗まれたとして午後11時すぎ、会見した。

同社によれば、顧客から預かっていた5億2000万NEM(約580億円相当)が流出。金融庁、警視庁に報告し、詳しい調査を進めているという。現在、同社ではビットコインを含む全ての通貨の取引を停止している。

被害の規模については、「把握できていない」としており、同社に通貨を預けた顧客の補償についても、「顧客保護を最優先にして検討している」とするにとどまっている。

ビットコインを始めとするいわゆる仮想通貨は、昨年末から今年始めにかけて高騰、多くの新規参入顧客を集めていたとみられる。

「財務的な影響は精査している。できるだけお客様にご迷惑をかけないように対応しようとしている」(同社)というハッキング被害だが、その対策は十分だったのか。

同社によれば、「セキュリティは最優先でやっていた」とし、今回の攻撃元についても調査中だという。不正送信された先を追跡することによって、今後の問題解決を図るとしている。会見では、どのくらいの額が送信された段階で気づいたのか、などと質問が飛んだが、明確な回答はなかった。

また、「我々がセキュリティが低かったから狙われたという意識はない」としたが、送金に際して、複数の署名を必要とする手続き「マルチシグ」には対応していなかったことも明らかにした。

なお、「NEM以外の通貨が盗まれた事実はない」としている。

会見には、コインチェック代表取締役社長の和田晃一良氏、取締役COOの大塚雄介氏、同社の弁護士である堀天子氏が出席。冒頭、和田氏は「本件に関しまして、皆様をお騒がせしていますことを深くお詫び申し上げます。たいへん申し訳ございませんでした」と謝罪。その後、大塚氏が状況を説明し、記者からの質疑に回答するかたちで会見は進められた。

大塚氏による説明および当日配布された資料によると、今回の不正送金の経緯は以下の通り。

2時57分(以後、すべて1月26日):事象の発生(コインチェックのNEMアドレスから、5億2300万NEM(検知時のレートで約580億円)が送信される。

11時25分:NEMの残高が異常に減っていることを検知

11時58分:NEMの入出送金を一時停止

12時7分:NEMの入金一時停止について告知

12時38分:NEMの売買一時停止について告知

12時52分:NEMの出金一時停止について告知

16時33分:日本円を含むすべての通貨の出金を一時停止について告知

17時23分:ビットコイン以外の仮想通貨の売買、出金を一時停止・告知

18時50分:クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金の一時停止について告知

コインチェックでは、今回の不正アクセスによる送金を金融庁および警視庁へ報告。NEMのコミュニティをとりまとめるNEM財団やNEMを取り扱う国内外の取引所と連携して、送信されたNEMの追跡および売買停止要請をしているという。なお、今回の取引に関しては、NEM財団との話し合いの中で、ハードフォークやロールバックによって被害を受けたユーザーを救済することはできかねる、といった旨の回答を受けているという。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*