ビットコイン急騰 初の200万円超え

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の国内の大手取引所での価格が急騰し、1ビットコイン当たりの価格が8日、初めて200万円を超えました。専門家は急激な価格変動に注意が必要だと指摘しています。

仮想通貨の大手取引所「ビットフライヤー」によりますと、8日の取り引きで代表的な仮想通貨であるビットコインに買い注文が集まり、1ビットコイン当たりの価格が初めて200万円を超えました。

これについて専門家は、今月、アメリカでビットコインの先物取引が始まることで取り引きが活発化し、さらなる値上がりへの期待感があること。またビットコインは、取り引きのシステム変更をめぐって分裂の動きが相次いでいますが、分裂すると今のビットコインの保有額に応じて新たなコインを自動的に受け取れるという思惑から、投機的な動きが出ていることも価格を押し上げているとしています。

ビットコインは、ことしはじめには1ビットコイン当たり10万円前後でしたが、先月下旬には100万円を超え、その後、2週間足らずでさらに2倍以上に急騰した形です。

専門家は「先物取引の開始などで、金融商品としての認識が広がるという思惑が出ているが、現状では投機的な資金で値上がりが続いている。今後も価格が急激に変動するリスクを十分に認識したうえで取り引きをすることが重要だ」と指摘しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*