現実世界を大規模FPS対戦ゲームに変える「Father.IO」、2016年発売

現実世界を大規模FPS対戦ゲームに変える「Father.IO」、今夏発売

我々の生きるこの現実世界を、スマホにデバイスを装着するだけでマルチプレイヤーFPSゲームように変えてしまう夢のゲーム「Father.IO」がIndiegogoへ登場。すでにiOSとAndroidにて一部機能のベータテストが行われている。

リアルライフ・マルチプレイヤーFPSゲーム

Father.IO

「リアルライフ・マルチプレイヤーFPSゲーム」と銘打たれた「Father.IO」。公開されている映像では実在の場所に基づいた8人が2つのチーム「HUMANS」と「EVOLVED」に別れ、お互いをスマートフォンの画面を通して戦うことになる。

キルされると退場となり、リスポーンはできない。中にはキルストリークのようなドローンも登場し、このドローンを操縦し敵(そこにいる実在の人間)をキルすることができる。UAVのように敵を探知するソナーも備えられており、敵が背後に近づくと警告メッセージが表示されるようで、緊張感のある戦いが楽しめそうだ。

wqzu3p6orelnnmmvoygq

映像の中ではチームにパソコンから指示を出すシーンも登場。これはWebブラウザから指令を出せる「コマンダーモード」で、チームにリアルタイムで状況を伝えながら指示をだすことで、戦況を有利に導くことができる。「コマンダーモード」はローンチ時に公開予定だ。

赤外線デバイスによる銃撃戦

THE INCEPTOR

「Father.IO」のFPSモードをプレイするには、インセプターと呼ばれるデバイスをスマートフォンに装着する必要がある。このインセプターは50mの射程を持つ赤外線照射エミッターと、その情報を受取る6つの赤外線センサーを搭載しており、全方向の正確な銃撃戦を可能としている。

インセプターとスマートフォンはブルートゥースにより接続されており、双方向の通信にかかるのはたったの100ミリ秒。通常のマルチプレイゲームで言うところの、30msから50msのサーバーでプレイしているような感覚でプレイできるとされている。

2種類のゲームモード

ゲームモード:大規模マルチプレイ

mmp
ゲームモードは「大規模マルチプレイ」と「クイックマッチ」の2種類に大きく分かれる。大規模マルチプレイは「HUMANS」と「EVOLVED」の派閥に分かれ、現実世界に基いた領土の奪い合いを行っていく。簡単に言ってしまうと『Ingress』のようなゲームモードだ。

領土の奪い合いはもちろんのこと、1,200万箇所を超える実在の場所から獲得した資源や、敵から奪った資源を使用することで、武器、弾薬、ガジェットなどの購入も可能。自分のエリアにバーチャルな建物などを建てることもできてしまう。実在する施設はゲーム内と関連性があり、大学があるエリアを占領すると研究が、病院や薬局があるエリアは回復が、銀行のあるエリアは資源の獲得が加速される。

インセプターを所有していないプレイヤーは銃撃戦には参加出来ないものの、このモードには参加することができ、領土や資源の奪い合いを行なうことができる。

EAA!

 

Indiegogo

アメリカのクラウドファウンディング INDIEGOGOで

Father.IO is the world’s first real-life, massive multiplayer, first person shooter. Experience the adrenaline, tactics and strategies of gaming in your everyday life. Combining real time geo-localized strategy & first person shooter battles, Father.IO brings a virtual world into your backyard.

Plug the INCEPTOR into your phone and the battle begins.

 

Check out how many people are playing Father.IO, in less than one month of our closed beta. Our community is amazing!

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*